読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webサイトスタッフ奮闘記

Web作成事務所伝ネットスタッフ がおおくりします。

廿日市市の紹介

廿日市市の紹介をします。

廿日市市の概要】(ウィキペディアより)

 広島市の西に隣接し、瀬戸内海(広島湾)に面した港町である。日本三景・「安芸の宮島厳島)」が特に有名である。同島の厳島神社世界遺産にも指定されている。

 市の母体は旧佐伯郡廿日市町である。廿日市は中世以来、厳島神社の造営・修繕と西中国山地産の木材の集積を基盤とした木材産業の町であり、山陽道(西国街道)の廿日市本陣を中心に発展した。高度経済成長期以後は広島市の西のベッドタウンとして発展し、1988年(昭和63年)4月1日に単独市制施行して「廿日市市」が発足した。全国で655番目の市、広島県では14番目の市(合併により消滅した松永市と因島市を除き、現在も存続している市としては12番目)である。

廿日市の町は商業・工業都市の側面が濃かったが、平成の大合併によって周辺の4町村(佐伯町・吉和村・大野町・宮島町)を編入したことで、西中国山地の豊かな自然や、世界遺産にも選ばれた厳島神社を含む安芸の宮島などの新しい顔を併せもつこととなった。

 都市雇用圏で全国第8位の規模をもつ広島都市圏(10%通勤圏人口約158万人)を構成する一都市である。人口は2005年に旧宮島町・旧大野町と合併して以来ほとんど横ばい傾向(合併時約11万5000人)だが、近年は微減傾向にある。これは中心市街地の人口増と山間部の過疎化が相殺しているため。

 市制施行後の文化振興政策には一定の評価がある。例えば市の文化ホール「さくらぴあ」では、人口規模の割に著名な人物・団体の公演が多く催され、出演者からも高評価を受けて新たな公演につながる好循環を生んでいる[1]。 また、市名の由来である「廿日の市」という市民主体の市を毎月20日に催したり、姉妹友好都市であるニュージーランド・マスタートンとの交流から、JETプログラムによってニュージーランド出身の「国際交流員」を招いて様々な活動にかかわらせたりするなど、多様な取り組みがみられる。

 各地の大規模合併の例に漏れず、都市基盤整備、教育・文化サービスなどの地域間格差是正が最大の課題になっている。

 現在の形式のけん玉の発祥の地である。

廿日市市で中古マンションをお探しの方は、広島マンション販売ネットをご活用ください。 http://www.tutae.net/hastukaichi.html 


おまけ

【ビジネスマンに贈る古今東西名言集】

 

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

  本座者は、左様の時分は、

  その身のためを存じ、遁れざる者なり

 

             戦国大名 前田利家

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

かわいがられた。十四歳で初陣、以後、姉川、長篠の合戦など諸戦

に軍功をあげ、1580(天正八)年、北陸平定と同時に能登国を与

えられ、七尾城主となった。

 

年の賤ケ岳の戦いには豊臣秀吉に内通し、秀吉の柴田討滅に一役を

買った。その功で加賀一国を与えられ、尾山城(金沢)の城主となっ

た。

 

臣秀頼を補佐したが、1599(慶長四)年病を得て病死。

 

  • 冒頭の言葉はその死の十日前、長子、前田利長に与えた遺訓の一

節で、奉公人に対する処し方を教えている。

 

  • 同じ奉公人でも、新参の者は主人が威勢のよいときにはよく仕え

る。が、威勢が落ちると、自分の身の振り方ばかり考え、主人を裏

切りかねない。一方、代々からの奉公人は日ごろは主人に対して文

句を言っても、主人の威勢が落ちたときには主人を第一に考えて全

力を尽くすものである。

 

  • 利家は、だから譜代の奉公人を大事にせよ、新参者に譜代の者以

上の知行を与えることはするな、とずいぶん細かな心構えを述べて

いる。

 

  • さすがに戦国乱世を生きぬいて、家康と並ぶ筆頭人となっただけ

あって人間関係の勘どころをよく把えている。これはそっくり今日

にも当てはまる。

 

  • 景気のよい会社に転職してくる人は確かに仕事がよくできる。し

かし、そうした人たちは会社が順調にいっているときでさえ、もっと

いいところがあればすぐに再転職しようという気がある。まして、

会社の業績が思わしくなくなると、浮き足だってしまう。

 

  • 力を合わせて盛り立てていこうという心がない者は、いざという

とき、少しの頼りにもならない。そういう人とは極力、組まないよ

うにしなければならない。